かわいい・オシャレ

【クラウドファンディング】『じゃましない ふせん』がデビュー!

文具ブラザーズが開発したオリジナル商品『じゃましない ふせん』が、
Makuakeにて2/1から販売をスタートします。

●どのような経緯で生まれたのか?
●どんな価値の商品なのか?
●どのようなデザインがあるのか?

ご紹介していきたいと思います!

 

『じゃましない ふせん』が生まれた背景

 

文具ブラザーズで、「オリジナル商品を開発したいなー!」って昨年末から話し始めたのがキッカケです。でも、僕たちだけで考えても面白くないなー。ユーザーの皆さんに共感してもらえる商品を作るためにも、皆さんの声を聞こうということになりました。

そこで、Twitterを使って「皆さん日頃良く使う文房具は何ですか?」というところから、フォロワーさんへの調査がはじまりました。

その調査の結果から、使う頻度も多く身近な商品である「ふせん」を作ろうということを決めました。

さらに、そこから意見を聞いていくとかわいいだけの付箋は世の中にたくさんあるし、それだけではダメで、機能的な価値も欲しいという声が多く集まりました。

そこから、文具ブラザーズは価値を見つける旅に・・・。

「あーでもない、こーでもない。」兄弟でやりとりする日々が続きました。

ちょうどそんな時に、兄(あやの)が友達から借りた本を読んでいて、「これ友達がめっちゃふせん付けてるから下の文字が読みにくい」と弟(あやと)に話しました。「それって、ふせんであるあるだよねー。」

こんな感じで、下の文字が見えない。

 

この状態を兄弟で見ながら、ちょっと時間が経ったあとに兄弟で目を合わせて、

「これやー!!!」という瞬間がありました。

 

こんな時に使える付箋はないかと探しました。フィルム付箋だと透けて見えるというのはありましたが、少しじゃまな感じも残っているし文字を書くスペースもほしいし、あんまり良い商品がないことが分かりました。

あやの
あやの
例えば単純にふせんの長さを短くするっていうのはどうかな?

あやと
あやと
それだと文字が書くところがせまいし、何か面白くないよね・・・

あやの
あやの
確かに面白くないね・・・。それなら、半分は紙で半分は透明フィルムふせんにするっていうのはどうかな?

あやと
あやと
どうやって作るんだろう?紙とフィルムはどうやってくっつける?

 

・・・と夜な夜なアイデアを出し合って会話を続ける中で、ふいにアイデアの神様がおりてきました。

 

あやと
あやと
いっそのこと、ふせん自体を曲げたらどうかな?

あやの
あやの
曲げるってどんな風に?

あやと
あやと
例えば、こんな風に(絵を描いてみる)

 

「これだ!」

 

そこで描いたのがこの形です。

 

機能価値が決まりました!

 

その後、文房具なのでさらに感性価値(デザイン)も加えようと考えました。こちらもフォロワーさんの意見を聞きながらどんなデザインにするかを決めていきました。どんな動物が好きか、そしてどんなデザインテイストが好きか、意見を聞きながら何度も何度も絵を描いていきました。

そうです、この商品はフォロワーの皆さんと共に生み出した商品なのです!

 

 

『じゃましない ふせん』 商品特長

 

曲がっているからじゃましない

最大の価値はここにあります。ありそうでなかった、単純に形が曲がっているふせんです。本やテキストに貼ったときに文字などの内容をじゃますることがありません。

 

空きスペースには文字を書くことができます

インデックスとして使うときに、ちょっとしたメモ書きをすることができます。検索したあとにメモ書きがあることでさらに学びや仕事がはかどります。

 

「しがみつき」動物たちがかわいい!

がむしゃらになって頑張ることを、動物たちが一緒になって応援してくれる付箋です。色やキャラクターを組み合わせて「対象物」や「重要度」など、使い方は自由に選べます。

体をねじ曲げている姿は何とも言えずかわいい!

 

本やテキストをとじた後も、しがみつく姿がこれまたかわいくなっています!

 

『じゃましない ふせん』 ラインアップ

 

ふせんは1柄(色)20枚で、2柄(色)が1セット(計40枚)になっています。

派手すぎず落ち着きのある「スモーキーカラー」

 

動物たちがかわいい「しがみつきシリーズ」

 

ネコ

 

いぬ

 

クラウドファンディングでは、この他のキャラクターもいますので是非見てください!

 

 

まとめ

 

文具ブラザーズオリジナル商品はいかがでしたか?

機能価値と感性価値を合わせもった商品にしようと思考錯誤を重ねました。

最後に、僕たちは「ふせん」というモノ(商品)を届けたいわけではありません。モノ(商品)を通して、心地よくなったり、快適になったり、学びや仕事の質があがったり、そんなコト(体験)をお届けしたいと思っています。

みなさんの文具戦闘力を上げられますように。

 

↓Makuakeの記事はコチラから

 

↓【無料】メルマガ登録はコチラから


 

当サイトでは、記事の更新情報を【無料】で誰よりも早くメール配信しております。
ご希望の方は、上記より設定ください。

 


↓【新商品】記事一覧はコチラから

 

 

≫≫≫トップページに戻る