かわいい・オシャレ

『KOKUYO ME』のコーディネートページ『MY ME』オープン!

コクヨ株式会社から、機能性だけではなくデザイン性も追求した文具がそろう「KOKUYO ME(コクヨミー)」シリーズを、オンラインでコーディネート作りを楽しめ、気に入った組み合わせはそのまま購入できるWEBアプリケーション「MY ME」の公開を本日8月3日(月)より開始します。

『KOKUYO ME』 とは?

「KOKUYO ME」のコンセプトは「Life Accessories」

アクセサリー感覚でアイテムの組み合わせを楽しみながら、持つ人を気軽にいつもより個性的に魅せる文具シリーズです。
コクヨのHPでコンセプトストーリーが以下の様に発表されています。

いつも身近にある文具。
それは、使うのためのただの道具ではなく、持つ人を表す一部になります。

KOKUYO MEの文具は機能的でありながら、
選び、使い、持ち歩く、あなたの生活そのものをアクセサリーのように彩ります。

いつもなら選ばらない色、いつもなら選ばない素材。
服のように選んだり組み合わせることを、複よりも気軽に冒険できるから、
あなたのことを、少しだけ新しく、個性的にみせます。

あなたを今より、私らしく。

従来文具は、道具(TOOL)としての価値を提供してきました。
KOKUYO MEは、魅せる、コーディネートするなど、
「ACCESSORY」という価値を提供していきます。

コクヨ KOKUYO ME(https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/me/)より

 

 

 

KOKUYO ME 商品 ラインアップ

機能的的な価値に加え、ACCESSORYとしての価値として販売しているKOKUYO MEの商品ラインアップを紹介します。

SOFTRING ソフトリングノート(A5)

機能としては、リングが柔らかくなっているため、手が触れても痛くなく、綴じ具付近まで記入することができます。

表紙はマッドとツヤを組み合わせた模様が入っています。

Notebook ノートブック(A5・B6)

機能としては、180度見開きが可能であること。これにより、左右のページをまたいで滑らかに書くことができます。
表紙はマッドとツヤを組み合わせた模様が入っています。

Field Notebook ノートブック

機能としては、ハードカバーで立ったままでも書きやすいこと。
表紙はマッドとツヤを組み合わせた模様が入っています。

 

 

Notebook Cover(A5・B6)

機能としては、小物も持ち運べること。
表紙は素朴な素材感を感じるものになっています。

 

 

Card size Memo

機能としては、メモ帳にミシン目があり、切り取ることで名刺サイズになること。
表紙はマッドとツヤで模様になっています。

 

Sticky Notes

機能としては、ノートが足りなくなった場合にノートを付け足して拡張付けたせること。
表紙はマッドとツヤで模様になっています。

 

Mechanical Pencil

機能としては、鉛筆のように滑らかに書ける太い芯。
クリップはゴールドになっています。

 

Ballpoint Pen

機能としては、軽くかけるゲルインキを使用していること。
クリップの印刷文字が商品により異なります。

 

 

Clear Book

機能としては、表紙が360度回転できること。
表紙がマッドとツヤの模様になっていります。

 

 

Hard Clear Holder

機能としては、A4、A3サイズの書類が収録できること。
表紙がマッドとツヤの模様になっていります。

 

Glue Tape Roller テープのり

機能としては、ドットのテープで綺麗に貼れること。
本体の印刷が品番によってことなります。

 

Masking Tape Cutter テープカッター(クリップタイプ)

機能としては、マスキングテープに挟んで後付けできること。
色味が品番により異なります。

 

Pen Case ペンケース

機能としては、立てて使うことができること。
色味が品番により異なります。

 

Plastic Eraser プラスチック消しゴム

機能としては、綺麗に消えること。
スリーブケースの色味が品番により異なります。

 

KOKUYO ME アプリケーションの特徴

アプリケーション「MY ME」では、ドラッグアンドドロップによって背景色を選んだり、アイテムを並べ替えたりしながら、自分の好きな色でアイテムをそろえたり、普段選ばない色の組み合わせを試したりなど、心ゆくまでコーディネート作りができます。

 

作成したお気に入りのコーディネートは、WEBアプリケーション上の商品リストからコクヨの公式ECサイト「コクヨショーケース」(https://www.kokuyo-shop.jp/)でそのまま購入することができます。また、作成したコーディネートの画像を保存し、SNS等にシェアすることも可能です。