おすすめ

四角いスティックのり!GLOO(グルー)色が消えるタイプ徹底分析

文具戦闘力では、文具ブラザーズによるプロ目線での商品分析をしています。

ここでは、ターゲットから「使ってみた感想」から、つくり手の狙いとしての「ターゲット・企画背景」、そして細かな「商品分析」だけでなく、客観的な「ユーザーの口コミ(レビュー)」までを分析しています。更には、その商品が適正価格であるかがわかる「コスト分析&比較」をおこなった上で、最終的に商品ごとの戦闘力を総合的に数値化しています。

 

「戦闘力・コメント」では、以下の項目で総合的に評価をしています。
・使いやすさ
・価値の高さ
・デザイン
・SDGs度
・コスパ

 

また、「文具ブラザーズならこうする」では、文具ブラザーズ独自の視点で商品の改良などを述べていきます。

 

 

四角いスティックのり!GLOO 色が消えるタイプ 使ってみた!

まずもっての印象、オシャレ!これは本当にスティックのりかと思うデザインです。

でも、キャップがどちらか分かりにくい。そして特長としてはやはり形が丸ではなく四角。角を塗ってみたが見事に塗りやすい。塗り心地に関してはのりが崩れることもなくしっかりしており、滑り性もほど良い印象。

接着力については、紙自体が破れてしまう紙層剥離をしているので十分ですが、滑らかに塗れる分きちんとした量を塗らないといけない印象。キャップはひっかかりがあってあけやすい。

 

GLOOスティックのり ターゲット・企画背景

「GLOO」のコンセプト

『日々の生活で“貼る”は単なる作業になりがち。しかし、“貼る”は、何かと何かをくっつけ、新しい何かを作り出す行為なはず。GLOOは“貼る”を見つめなおし、あたりまえを変えることで“貼る”をより豊かなものにしたいと考えました。機能的で、美しい。だから、使いたくなる、作りたくなる、置いておきたくなる。それが、GLOOです。』

こう言った企画背景から生まれました。スティックのり自体は学生や社会人、主婦など幅広いターゲット層であるが、この商品は機能性+感性価値を大事にする感度の高いアーリーアダプター層をメインターゲットとしています。

 

GLOOスティックのり 商品分析

「のり崩れ」を測定する耐圧力試験においては、中の上で強い力を入れなければ〇。

滑らかに塗れる性能は高く、その分塗布量がのりにくい印象。十分塗布されれば接着力は紙層剥離を起こし十分。のり玉もあまり出ずに気持ちよく塗れます。

色が消える時間については、好き嫌いがあると思うが他社品と比較すると色が消える時間が早く、塗るとすぐに消えます。塗ったところさえ分かれば良いので十分だと感じます。説明の必要はないですが、角塗りの性能は抜群に高いです。キャップにひっかかりがあり、片手で親指をつきあげて簡単にあけることができるのも〇。

GLOOスティックのり ユーザーの口コミ(レビュー)

デザインのオシャレさ、角までの塗りやすさ、接着力、塗ったところが一目で分かる、転がりにくさなどについては、高評価のレビューが並んでいます。さらに、高機能、作業が楽しくなる、魅せる文具などのコメントも多くあり商品力の高さを感じます。

欠点としては、キャップがどちらか分かりにくく、はじめて使うときに戸惑ったというコメントが多く出ています。また、これは好き嫌いもあるかもしれませんが、色がついて消えるまでの時間が商品分析にもあるように早く消えるため、それが少し嫌だという声もいくつかありました。

 

GLOOスティックのり コスト分析&比較

10g:130円、22g:250円、40g:380円(全て税抜き)です。

この価格は各社スティックのりと比較すると10~30円ほど高い設定になっています。

多少高くはなっていますが、この商品の完成度からしてこの程度のコストアップで済んでいることがすごいと感じるくらいコストは妥当、もしくはそれ以上に価値が上回っていると感じます。

天面にあるKOKUYOロゴのあるパーツは、本来不要なパーツですが成型品がむきだしで事務事務しくなってしまうところを隠しながら、デザインとしてうまくまとめています。四角の容器にのりを充填することも気泡などが入ったりと生産上は難しいはずです。生産性なども加味するとこの価格では安いくらいです。

 

 

GLOOスティックのり 戦闘力評価&コメント

 

戦闘力:812

 

評価項目 戦闘力 説明
使いやすさ 157 のり崩れ〇、接着力〇、のり玉〇、キャップ×(分かればあけやすい)、色が消える時間△
価値の高さ 190 四角は差別化されており圧倒的な価値
デザイン 200 スティックのりとは思えないオシャレなデザインで持ちたくなる
SDGs度 115 プラスチックの再利用70%以上でエコマーク取得/グリーン購入法適合
コスパ 150 他社品より少し高いがこの機能、デザインだと安いと感じる

 

 

GLOOスティックのり 文具ブラザーズならこうする

機能価値と完成価値(デザイン)を両立させており、非常に価値の高い商品です。キャップの向きが分かりにくいので、直感的に分かる工夫を入れられるとさらに良い。

のりの色が他社品と比較すると淡いブルーなので、色が消える時間はもう少し長くするように処方するとより使いやすい商品にできると思います。

 

最後に、総まとめをシートにして掲載しておきます。

コクヨ/グルー スティックのり(色が消える) Sサイズ/タ-G311

価格:78円
(2020/6/12 15:48時点)

 

コクヨ/グルー スティックのり(色が消える) Mサイズ/タ-G312

価格:152円
(2020/6/12 15:47時点)

コクヨ/グルー スティックのり(色が消える) Lサイズ/タ-G313

価格:231円
(2020/6/12 15:48時点)

 

↓【おすすめ】文具戦闘力 記事一覧はコチラから


≫≫≫トップページに戻る