おすすめ

小学生のお子さんにオススメできるスティックのり!『ippo!固形のり』

文具戦闘力では、文具ブラザーズによるプロ目線での商品分析をしています。

ここでは、ターゲットから「使ってみた感想」から、つくり手の狙いとしての「ターゲット・企画背景」、そして細かな「商品分析」だけでなく、客観的な「ユーザーの口コミ(レビュー)」までを分析しています。更には、その商品が適正価格であるかがわかる「コスト分析&比較」をおこなった上で、最終的に商品ごとの戦闘力を総合的に数値化しています。

 

「戦闘力・コメント」では、以下の項目で総合的に評価をしています。
・使いやすさ
・価値の高さ
・デザイン
・SDGs度
・コスパ

 

また、「文具ブラザーズならこうする」では、文具ブラザーズ独自の視点で商品の改良などを述べていきます。

 

 

小学生のお子さんにオススメできるスティックのり 『ippo!固形のり』 使ってみた!

キャップを開けて塗った瞬間に分かりましたが、結論から言うとこの商品の中のスティックのりは同社の「消えいろピットスティックのり」と全く同じです。当たり前ですが、スティックのりとしてすでに評価されている接着力も十分で、塗ったところが分かり色が消えるという高品質な「消えいろピット」を採用しながら、ターゲットを見据えた価値展開をしています。

↓消えいろピットの文具戦闘力記事はコチラから

 

とにかくキャップが開けやすいです。スティックのりって乾いたのりがフチについてキャップが硬くなり開けにくくなってしまいますが、このキャップは力が入れやすく簡単に開けることができます。

 

ippo!固形のり ターゲット・企画背景

小学校高学年くらいになると液体のりからスティックのりを使う人が増え始めます。しかし、スティックのりはキャップが開けにくかったり、キャップをちゃんと閉めないとのりが乾いてしまったりして、ターゲットには少し使いづらさがありました。

特に小学生の男の子が雑に使ってしまいやすくメインターゲットだと感じます。そのようなターゲットの母親からのこのような声を元にして、簡単に開けやすくした「しずく型キャップ」を採用しました。また、フチの部分を黄色くしており、キャップの閉め忘れに気づきやすくするという配慮をしています。スティックのりは液体のりと比較すると使いやすさは増しますが、まだまだ小学生にはキャップまわりで使いにくさもありましたが、それを解決しようとした商品になります。

ippo!固形のり 商品分析

重要な中身の「のり」については「消えいろピット」と同じなので、のり崩れしにくく接着力が高い商品です。力の入れ具合ではのり玉が発生し、その部分の色は消えにくいです。

キャップは指をひっかけたり、全体を握ったときにひっかかりとなって非常に開けやすく子供の力でも容易に開けることができるレベルです。通常の「消えいろピット」はキャップが滑って非常に開けにくく、そこが解決された商品になります。

また、置いたときの転がり防止にもなるのがいいですね。丸い形だと子供はコロコロと転がしてしまい落してしまいます。

ippo!固形のり ユーザーの口コミ(レビュー)

色付きののりで塗ったところが分かりやすいという価値や接着力については良い評価です。中身ののり自体は、スティックのり市場でナンバー1のトンボ鉛筆「ピットスティックのり」なのですから当然と言えば当然だと思います。

ネガティブな意見としては、こののりはやや硬めです。ですので、ある程度の力をかけてしっかり塗らないとのりが塗布されずに接着力が発揮しません。まだ器用に道具を使えない低年齢のお子様にはちょっと難しかったという声があります。

また、デザインについては低学年くらいであればかわいくて良いという声ですが、高学年くらいになると可愛すぎるであったり、子供っぽいデザインすぎるという声がいくつかありました。

 

ippo!固形のり コスト分析&比較

Sサイズ(10g)のみの展開で120円(税抜)です。これは、通常品の「消えいろピットスティックのり」と同価格です。中身ののりは同じで品質が良く、かつキャップに価値が加えられて同値なのでコスパは良いと思います。

また、「消えいろピットスティックのり」も過去に文具戦闘力分析を実施しています。

≫≫≫「消えいろピットスティックのり」文具戦闘力分析はコチラ

その際は書けなかったのですが、この商品ののりは塗布距離が長いと言えます。つまり、のり崩れがしにくいため塗布量がムダにはのらず、それでいてしっかり接着を果たします。競合品では、接着力は高いのですがそれはのりがボロボロと崩れるからという部分がありました。

それを数値化すると1.5~2倍程度距離を長くのりを塗ることができるという結果もあります。それを加味すると、他社品と比較してもコスパは非常に高いと言えます。

 

 

ippo!固形のり 戦闘力評価&コメント

 

戦闘力:609

 

評価項目 戦闘力 説明
使いやすさ 152 キャップの開けやすさ◎、転がりにくさ、キャップ閉め忘れ防止〇、のり崩れ◎、接着力〇、のり玉△
価値の高さ 131 キャップの開けやすさと商品の転がりにくさが良い
デザイン 75 やや子供っぽいデザインすぎるか
SDGs度 100 プラスチックの再利用40%以上でグリーン購入法適合※消えいろピットスティックのりは再利用70%以上でエコマーク取得
コスパ 151 他社品やテープのりと比較するとコスパは良い

 

 

ippo!固形のり 文具ブラザーズならこうする

のり性能的には十分なので、塗り心地を良くするため処方的にはもう少し粘性をおさえて糸引きを減らし、滑り性をあげるような成分を配合します。

一番の改善点はデザイン。キャップから飛び出たいびつな形状部分をいかにスマートにするか、また本体のグラフィックデザインをもう少しオシャレよりに変えて子供っぽさを減らします。

 

最後に、総まとめをシートにして掲載しておきます。

トンボ鉛筆/ippo! 固形のりパック ブルー/HCD-113A

価格:117円
(2020/8/26 08:29時点)

トンボ鉛筆/ippo! 固形のり ピンク パック/HCD-113B

価格:117円
(2020/8/26 08:29時点)


 

↓【おすすめ】文具戦闘力 記事一覧はコチラから


≫≫≫トップページに戻る