おすすめ

ミドリのカッターナイフ。ペンカッターをオススメする理由!

文具戦闘力では、文具ブラザーズによるプロ目線での商品分析をしています。

ここでは、ターゲットから「使ってみた感想」から、つくり手の狙いとしての「ターゲット・企画背景」、そして細かな「商品分析」だけでなく、客観的な「ユーザーの口コミ(レビュー)」までを分析しています。更には、その商品が適正価格であるかがわかる「コスト分析&比較」をおこなった上で、最終的に商品ごとの戦闘力を総合的に数値化しています。

 

「戦闘力・コメント」では、以下の項目で総合的に評価をしています。
・使いやすさ
・価値の高さ
・デザイン
・SDGs度
・コスパ

 

また、「文具ブラザーズならこうする」では、文具ブラザーズ独自の視点で商品の改良などを述べていきます。

 

 

ミドリのカッターナイフ ペンカッター 使ってみた!

鉛筆と変わらない細さ(Φ10mm)と長さ(126mm)で持ち易い形状、スライドボタンを押したときのみ刃の出し入れが可能な設計になっているので、ペンケースの中で不意に刃が飛び出すことがなく、安心です。

カッターの刃は鋭角(45度)になっているので、切る場所が見やすくなっています。

後端部は、刃折りキャップが付いているので、刃を安全に折ることができます。使いにくさを感じる恬として、本体が細いために握った際に滑る点がきになります。

 

 

ペンカッター ターゲット・企画背景

オフィス、学校、家庭と様々なシーンに適しているとしているが、おすすめターゲットは高校生

高校生と言えば、筆記具のみならず多種多様な文房具を持ち歩き、勉強の合間にも出し入れをすることから、ペンケースの中身が見やすいペンケースも流行になっています。そんな学生にとって、通常のカッターナイフの1/3程度の細さでペンケースに収納できるこの商品は重宝すること間違いなし。

本商品企画は、ペンを握るように持つことができ、細かい切り抜きに適した握りやすいカッターナイフ。

携帯することに配慮し、本体は耐衝撃性の高い素材を使用することで、ペンケース内での衝撃にも耐えられるように配慮した商品です。

 

ペンカッター 商品分析

本体は黒、ピンク、青の3色展開で、ペンケースなどでの持ち運び時に配慮し耐衝撃性の高いポリカーボネート樹脂(PC)が使用されています。

このPCは、硬い樹脂であることから触感としては、滑りやすい特性も持ちます。本体には全体にシボを入れ、且つ先端の指で支える部分はシボを粗く入れていることで滑りにくさに配慮されていますが、滑り易い感じは残ります。

刃には、刃物メーカーとして有名な貝印の刃が採用されいていて切れ味は高いが、通常より刃幅より細い(6mm)ため、刃を出しすぎると安定しない。

ボタン押下時のみ機能するスライドボタンによって、高い安全性が保たれている。

 

 

ペンカッター ユーザーの口コミ(レビュー)

9割の方が良い評価をしています。

高評価の理由として、「ボールペンの様な細さでペンケースに入る」「黒一色で統一感がありオシャレ」「ポケットに入れている際、クリップが使えて便利」「スライドロックが不安だったが、シッカリしていていい」という声があげられています。

一方、「本体が細くてツルツルして滑り、指を切ってしまった」、「携帯用にはいいが、段ボールを開梱するなどには不向きで使い分けをしている」などの声もある。

安全面は配慮すべきであるが、用途特化していることで汎用性がないことは、ユーザーにも理解されている印象です。

 

 

ペンカッター コスト分析&比較

販売価格460円と通常のカッターナイフに比べて若干高い印象がありますが、この差は刃の細さにあります。

刃自体の材料費は通常よりも刃幅が細いために抑えられているが、通常のカッター刃ほど汎用的に採用されていないタイプの為、加工費が下がりにくい為です。

汎用のカッター刃は鋼材原反と言われるロール状で繋がった材料を全自動で加工しています。詳細には、ロールの端から繋がったまま、炉での焼き入れ(20m程)、4回の刃付け研磨(片側2回ずつ)、プレス加工(折り目を入れる&1個枚ずつに分ける)の工程を全自動で製造している。

この設備で製造するには、大量生産が必要となり、ペンカッターに使用されている刃幅の場合、ある程度の手加工が入るためである。

 

 

ペンカッター 戦闘力評価&コメント

 

戦闘力:525

 

評価項目 戦闘力 説明
使いやすさ 125 ペン型で収納、携帯性は〇。細いために滑り易い△
価値の高さ 135 携帯性が高く〇、刃も折れるため切れ味は高い〇
デザイン 120 3色展開で選べてシンプルである〇が、スリムにするために樹脂を流し込んだゲート跡や、樹脂の流れが表面にでるフローマークが目立つ△
SDGs度 30 環境配慮は見受けられない
コスパ 115 価値を再現するための材料選定がされ、適切

 

ペンカッター 文具ブラザーズならこうする

刃物商品は使い方を間違えると怪我に直結する。

ユーザーの声でもあるように、携帯性、小回りを優先させて円筒形にすることで本体が滑り易くなってしまい怪我に繋がっている

シボ加工で配慮は見られるが、シボでは不十分のため、グリップに製図用筆記具のような凹凸形状にすることでグリップ時の滑りにくさを高める。

 

最後に、総まとめをシートにして掲載しておきます。

 

 

【ミドリ】ペンカッター[合計990円(税込)から ネコポスで送料無料][後払い対応]【文房具 文具 ステーショナリー / おしゃれ かわいい ブルー ブラック ピンク デザインフィル】

価格:506円
(2020/8/23 19:18時点)

↓【おすすめ】文具戦闘力 記事一覧はコチラから


≫≫≫トップページに戻る