おすすめ

ペンケースに入る修正テープ「ホワイパープチ」を分析!

文具戦闘力では、文具ブラザーズによるプロ目線での商品分析をしています。

ここでは、ターゲットから「使ってみた感想」から、つくり手の狙いとしての「ターゲット・企画背景」、そして細かな「商品分析」だけでなく、客観的な「ユーザーの口コミ(レビュー)」までを分析しています。更には、その商品が適正価格であるかがわかる「コスト分析&比較」をおこなった上で、最終的に商品ごとの戦闘力を総合的に数値化しています。

 

「戦闘力・コメント」では、以下の項目で総合的に評価をしています。
・使いやすさ
・価値の高さ
・デザイン
・SDGs度
・コスパ

 

また、「文具ブラザーズならこうする」では、文具ブラザーズ独自の視点で商品の改良などを述べていきます。

 

 

修正テープ ホワイパープチ 使ってみた!

コンパクトで世界最小クラスの6Mタイプでペンケースに入れて携帯しやすく、ローラーヘッドによって、1行消しだけでなく1文字だけ消したい場合に本体の上下を反転させることで、修正する箇所を見ながら消すことができるのは嬉しい。

一方で、本体が紙面に定着しやすい首振り機能が付いているものの、走行中にテープの片側が破ける現象起こりやすいのが難点。

 

ホワイパープチ ターゲット・企画背景

多種多様な筆記具を使用しはじめるのは高校生からであり、ボールペンの使用頻度も同様です。

そんな学生のペンケースには多くの文具が入っているため、消しゴムほどの使用頻度の高くない修正テープは、小さくあって欲しいという要望は高い。また比較的、男子よりも女子の方が「ノートを綺麗にとりたい」という意識は高く、女子高校生がターゲットとなっている。

「ノートを綺麗にとりたい」という学生が修正テープを使用する際に感じているのが、「消したくない文字までを消してしまう」という行為であり、これに対応した1行消し・1文字消しができるローラーヘッドが搭載された。

 

ホワイパープチ 商品分析

本体はW58×D15×H26mmと消しゴムと変わらないサイズで、本体を裏返して逆方向に引く「1文字消し」はしやすいが、3~5文字程の1行消しをしている際、テープの片側のみ浮いたり、テープが破れてしまうことがある。

これは、1文字消しを可能にしている金属でできたローラーヘッドに原因がある。

ローラーヘッドは、引きはじめで紙と接する面が広くなるため、本体を逆さまにしてもテープを引きだすことができるようになる反面、ローラー幅間でのたわみが吸収できず、テープ幅方向での片側が浮いてしまう現象が起こりやすい。また、面で接しているため、テープの切れもイマイチ。

 

 

ホワイパープチ ユーザーの口コミ(レビュー)

レビューとしては高い評価で、「小さくてよい」、「かわいい」、「1文字消しで消したい箇所が良く見える」というの声が多く、コンセプトに対しては評価されている印象。

一方で、「テープが定着しない」、「再筆記した際にテープが破ける」という声もある。
不満の声は、テープの粘着力で全て解決できそうである。また、「キャップをしていても使用していないときに、テープにゴミが付く」などの声もあり気になるところ。

サイズ、テープの長さ、1文字消しと、コンセプトは概ね評価されている点と200円(3個セットでは400円程で買える場合もあり)という価格に魅力を感じているユーザーは多い。

 

 

ホワイパープチ コスト分析&比較

6mの修正テープは各社200円で販売して、この商品も同価格設定である。
店頭を見ても分かるように、修正テープはプラス社のシェアが最も高く、プラス社がコストコントローラーとなっている。

こう見えて、本体部品はヘッド部で5点、ギア等の内部部品で5点、キャップを含めた外側部品3点の計13点とかなりの部品数。更に、テープやテープ留め3点を含むと部品点数16点であるが、これだけの部品数を200円で販売できているのは、生産しているプラス社のベトナム工場の努力があると考えられる。

ユーザーにとってのコストパフォーマンスは高い商品です。

 

 

ホワイパープチ 戦闘力評価&コメント

 

戦闘力:575

 

評価項目 戦闘力 説明
使いやすさ 130 携帯性〇、1行消し・1文字消しが可能だが、テープが定着しない。
価値の高さ 155 「1文字だけ消したい」を満たすローラーヘッドとサイズ価値は高い。
デザイン 120 一般的な転写具のデザインであるが、多色・柄展開している。
SDGs度 20 再生樹脂は積極的に使用されていないが、パッケージのブリスター使用料は極力減らされている。
コスパ 150 学生が手に取りやすい200円で、価値を実現しているのは凄い。価値を支えている部品構成と機能のバランスからコスパは高い。

 

 

ホワイパープチ 文具ブラザーズならこうする

改良点は2つ。
①テープの切れを高める②エコ化する。

①はテープの定着性が悪いのが原因で、「1文字消しをするためのローラーヘッド」の価値との相反だが、テープの粘着力を高める/修正層の樹脂キレ性の高い樹脂を採用/本体の走行荷重を高めるで解消。

②は「ヘッド」と「走行荷重クラッチ」の部品数を削減し、再生材料を使用する。

 

最後に、総まとめをシートにして掲載しておきます。

 

【2.5mm】プラス/修正テープ ホワイパープチ パープル ブラウン (WH-812・49-250,49-320)使い切り 2.5mm幅 PLUS 携帯に便利な極小サイズ。

価格:176円
(2020/7/24 10:07時点)

【メール便なら送料240円】プラス(PLUS)修正テープ ホワイパープチ 5mm×6m ブルー WH-815 49-252

価格:126円
(2020/7/24 10:07時点)

プラス PLUS [修正テープ] ホワイパープチ 新クリアカラー (ホワイト/テープ幅:6mm) WH-816

価格:194円
(2020/7/24 10:08時点)

プラス PLUS [修正テープ] ホワイパープチ 新パターン仕様 (ストライプA ピンクボディ/テープ幅:5mm) WH-815B

価格:194円
(2020/7/24 10:09時点)

修正テープ ホワイパープチ 5mm ブルー 2個セット

価格:275円
(2020/7/24 10:09時点)

プラス 修正テープ ホワイパープチ 5mm 3個パック

価格:591円
(2020/7/24 10:10時点)

 

↓【おすすめ】文具戦闘力 記事一覧はコチラから


≫≫≫トップページに戻る