収める

在宅/テレワーク お役立ち収納文具 まとめ

フリーアドレスやテレワークが推奨されていましたが、急な環境変化を強いられている会社員は多いのではないでしょうか?

2020年をキッカケにテレワークが進むことは間違いないと思います。働き方の変化が一気に加速した年として、歴史に残る出来事になるのではないでしょうか。

今回は、テレワークの準備もできずに働き方が変わった方にオススメしたい、テレワーク商品の情報をまとめましたので、紹介してきます。

 

テレワークと文具の関係

テレワークって何?

テレワークとは、情報通信技術を活用して働く場所や時間にとらわれない働き方のことを言います。

テレワークという言葉自体は、離れた場所(tele)+働く(work)の造語です。
その為、在宅勤務やサテライトオフィス、モバイルワークという言葉はテレワークに含まれます。

在宅勤務とは

自宅にいながら、パソコンとインターネット、電話などでの働き方です。
家から外に出ることなく、働くことが可能です。

モバイルワーク

顧客先や出張等での移動中に、主にパソコンや携帯電話での働き方です。
移動時間や外出時間を効果的に活用することができます。

サテライトオフィス勤務

勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方です。
社内LANがつながるスポットオフィスや、専用・共同サテライト、レンタルオフィスなどの施設を活用することで、普段からの行動の自由度を高めることができます。

フリーアドレスという言葉も耳にするかと思いますが、その名の通りフリーアドレスは会社内で席を自由に選ぶことができる席や仕組みのことです。

 

テレワークの目的って何?

これらの働き方は、労働人口を増やすことを目的に国が推奨してきた働き方です。

妊娠や子育て、介護をしながら働くことが困難なために労働することをあきらめてしまうこと方や、副業をしやすくすることでこれまで以上に効率的に働くことができることを目的とされています。同時に、自分らしく働くということに向き合うためでもあります。

 

文房具にどう関係あるの?

文房具だけに言えることではありませんが、働き方が変われば、その場所や目的、あるべき姿が異なってきます。

例えば、会社勤務であれば常に手元にあったハサミも、外出時では携帯ハサミが必要だったり、もしくは、紙自体が無くなってきたりする場面もあるかと思います。

文房具は、仕事に身近な商品であることから関係性が強いと言われているのです。

 

 

テレワーク お勧め文房具 まとめ

ツールペンスタンド<ハコ・ビズ> Haco・biz

ハコ・ビズは、2019年2月に発売されたデスクツールスタンドです。
写真を見て分かるように、オフィスで使用するツールを1つにまとめて持ち運ぶことができます。

特長1

ワークツールをまとめて収容できる

特長2

中身がみやすくて取り出しやすい

特長3

便利な持ち手付き

 

 

コクヨ ツールペンスタンド ハコビズ<Haco・biz> カハ-HB11

価格:2,277円
(2020/4/23 21:43時点)

 

ALTNA スタンドホルダー

穴をあずに閉じるファイル。

A4のクリアフォルダーが収納可能でインデックスシールが付いているファイルです。最大の特徴は、スタンドに配慮されているという点です。

特長1

スタンドできる100枚収容

特長2

滑り止め付き

 

特長3

携帯時に書類が落ちないゴムバンド付き

 

【ポイント3倍】リヒトラブ LIHIT LAB. F7770-24 ALTNA スタンドホルダー F777024

価格:586円
(2020/4/24 08:08時点)

 

WORKS’BOX WIDE

書類や小物を全部まとめて整理できるワークツールの幅広タイプ。

特長1

書類から小物まで1つにまとめられる

特長2

本棚に収納できる


特長3

何といってもオシャレ

「WORKERS’BOX WIDE」の厚みは2種類あります。以前よりA4サイズはそのままに、3倍近くの厚みがある商品も販売されています。

書類だけでなく、小物もすべて一か所に仕事別で分けて整理できます。書類を挟んでおける簡易バインダーだけでなく、名刺やレシートをはさんでおけるポケットなども付いていいますので、在宅での仕事に最適です。

 

 

 

その他の文房具 まとめ

 

 

≫≫≫トップページに戻る[blogcard url=”