在宅・テレワーク

在宅・テレワーク時のちょいメモに便利!boogie board(ブギーボード)

在宅ワーク/テレワークをしている皆さん、仕事はかどっていますか!?

これだけこの環境が続いたり、また出社できるようになってもすぐには前のようには難しいし、むしろ前のようには戻らないのではと思っています。それなら環境変化を嘆くより、環境変化に順応したり、自分自身が変化しないといけないなと感じている今日この頃です。

ということで、働き方を少しずつ変える意味でもツールってとても大切ですよね。知って使っている人と、ずっと従来のままの人と、成果の差はみるみるうちに広がっていくと思っています。効率的になれば時短になるし、快適であればアウトプットの質も変わってきます。

仕事のスピードと質をあげるためにも、ツールに目を向けてみてはいかがでしょうか?今回ご紹介するのは、そのひとつ。株式会社キングジムのブギーボードを紹介したいと思います。在宅ワーク/テレワーク時に何かと発生するちょいメモに便利ですよ。

 

 在宅・テレワークに便利 boogie board(ブギーボード) 商品紹介

ブギーボードは、ペーパーレスで環境にもやさしい、書きごこちなめらかな新感覚の電子メモパッドです。アメリカで生まれ、日本では株式会社キングジムが販売しています。種類がいくつかあり、用途によって選べるようになっています。あとで、オススメのタイプをいくつか紹介していきますね。

 

 

 

boogie board(ブギーボード) 特長

特長1  簡単操作!

上部にあるボタンを押すだけで、瞬時に画面を消去することができます。画面はボタンを押すまで保持されます。ロック機能付きのタイプもありますが、不意に押してしまうと消えてしまうので注意が必要です。

あやの
あやの
僕は何回かやってしまったことがあります(笑)。

 

特長2  スリムで耐久性も抜群

見ての通り厚みがほとんどなく、とてもスリムでコンパクト。持ち運びするのにとても良いです。それにもかかわらず、優れた耐久性を持っています。何度も繰り返して使用することができます。イレース(消す)対応回数はタイプによって違います。

対応回数が多いものほど、長く使うことができるのでオススメです。使用頻度が少ないのであれば、イレース対応回数が低くても十分長期にわたって使うことができます。

 

 

特長3  書きごこちなめらか

正直、電子メモとかってなめていました。紙と筆記具に比べたら、相当書きごこちが悪いという思い込みがありましたが、想像以上になめらかに書くことができました。筆圧に合わせて線の太さが変えられるのもいいですね

 

boogie board(ブギーボード) 用途

特長は分かったけど、結局どんな用途で活躍できるの?という点を説明していきたいと思います。

 

①在宅ワーク時のちょいメモ

WEB会議中とか、スマホで話をしていて、ちょっとだけメモをするというシーンが意外と多い。ノートにしっかりとって内容を保管しておくほどではないけど、メモしておかないと忘れてしまう。そんなときにとても便利です。

 

 

②WEB会議中にイメージを伝える

WEB会議をしながら、ちょっと絵を描いてイメージを伝えたいという時に便利です。さっと瞬時に描けるのが紙よりむしろいい。描いたものを画面越しに見せるときも、黒い板面なので濃淡があって白い紙に描くより見やすくて伝わりやすいです。

 

この2大用途が、特に僕が仕事中に便利だなと思ったシーンです。あとひとつは仕事中ではないですが、

 

 

③子供へ勉強を教えるときに便利

今はむしろこれが一番使っているかもしれません(笑)。在宅ワークになり、そして子供たちも休校中なので、勉強をみてあげる機会が増えました。そんなときに、このブギーボードはめちゃくちゃ便利だし、子供たちは計算問題のひっ算などをこのブギーボードに書いて解いていたりします。紙を無駄にしないということも教えられて一石二鳥ですね!

 

 

boogie board(ブギーボード) 商品タイプ紹介

製品ラインナップは上段で画像にてご紹介しましたが、新製品では半透明液晶で罫線や方眼が印刷されたテンプレートを入れられるものや、ちょいメモしかしないという人には液晶画面が小さいふせんサイズのものなどがありますが、僕がオススメする2つの商品を紹介したいと思います。

 

Boogie Board JOT8.5 BB-7N

一番のオススメはこちら。従来型より液晶のコントラスト比が50%アップしてクッキリで見やすい液晶になっています。また、スタイラスホルダーが付いているので、よくスタイラスがどこかにいってしまい探していた僕には嬉しい。また、裏面にマグネットを内蔵しているので、冷蔵庫などにくっつけておけるので便利ですね。電池交換が可能で、コイン電池(CR2016)1個で約3万回もの消去が可能です。正直かなりの期間もちます。

 

 

重さ:約110g
寸法※突起部除く最薄部:(H)227×(D)4.4×(W)146 (mm)
画面サイズ:8.5インチLCD 181×125(mm)
価格:\6,500+消費税

 

キングジム 電子メモパッド 「ブギーボード(boogie board)JOT8.5」 BB-7N(黒)

価格:5,020円
(2020/5/11 15:16時点)

 

 

Boogie Board BB-1GX

こちらのタイプの圧倒的魅力は価格!リーズナブルな価格なので、ちょっと使ってみようかなというエントリーユーザーに最適です。リーズナブルでありながら、書きごこちのなめらかさ、ボタンを押すだけで瞬時に消去、スタイラス付きという機能はもっています。その上、耐久性は優れており約50,000回も書き換えが可能です。僕がはじめに使った初代ブギーボードはこちらの商品です。十分な機能があり、やっぱり価格は超魅力的です。

 

重さ:約110g
寸法※突起部除く最薄部:(H)222×(D)3.2×(W)141 (mm)
画面サイズ:8.5インチLCD 182×125(mm)
価格:\3,800+消費税

 

キングジム KING JIM BB-1GX 電子メモパッド boogie board(ブギーボード) クロ[BB1GXクロ]

価格:2,840円
(2020/5/11 15:15時点)

 

 

まとめ

紙や筆記具など消耗品が必要なくエコであること。またipad+Apple pencilも使っていますが、サッと瞬時にというところではかなわないスピード感があって、使い分けをしています。ブギーボードは一家に一台あると本当に便利だと思います。在宅ワーク/テレワークということでご紹介しましたが、仕事での活用はもちろんのこと、家庭でもちょっと使いに本当に便利です。先ほどご紹介した勉強を教えるときもそうですが、料理のメモだったり、伝言だったり、何かと利用シーンがあります。最近我が家では引っ張りだこになってきたので、もう1台追加しようかと考えています。

 

キングジム 電子メモパッド 「ブギーボード(boogie board)JOT8.5」 BB-7N(黒)

価格:5,020円
(2020/5/11 15:16時点)

キングジム KING JIM BB-1GX 電子メモパッド boogie board(ブギーボード) クロ[BB1GXクロ]

価格:2,840円
(2020/5/11 15:15時点)

↓文具ブラザーズおすすめ 在宅・テレワーク ツール10選の記事はコチラ

 

↓【在宅・テレワーク】記事一覧はコチラ

 

 

≫≫≫トップページに戻る