おすすめ

紙に書いたボールペンを消すなら、修正テープ「MONO CC」

文具戦闘力では、文具ブラザーズによるプロ目線での商品分析をしています。

ここでは、ターゲットから「使ってみた感想」から、つくり手の狙いとしての「ターゲット・企画背景」、そして細かな「商品分析」だけでなく、客観的な「ユーザーの口コミ(レビュー)」までを分析しています。更には、その商品が適正価格であるかがわかる「コスト分析&比較」をおこなった上で、最終的に商品ごとの戦闘力を総合的に数値化しています。

 

「戦闘力・コメント」では、以下の項目で総合的に評価をしています。
・使いやすさ
・価値の高さ
・デザイン
・SDGs度
・コスパ

 

また、「文具ブラザーズならこうする」では、文具ブラザーズ独自の視点で商品の改良などを述べていきます。

 

 

修正テープ MONO CC 使ってみた!

本体は持ちやすく、携帯しやすいサイズを優先した6Mタイプでペンケースに入れて携帯しやすい。

修正テープでよく発生する「テープのたるみ」はおきにくく、「テープのキレがいい」。本体の形状が親指で上から支える形になっていることもあり、紙面にテープを押し付けやすい。

一方、キレが良い反面、新品時の使いはじめから走行が重いことが気になる

 

 

 

修正テープ MONO CC ターゲット・企画背景

シャープペンシルとボールペンを使いはじめる中学生にとって、ノートやプリントに書いた文字が消せないということに困りはじめるタイミングでもあります。頻度は高くないが修正するタイミングに無いと修正するのが面倒になったり、消すことを忘れてしまう。

そんな人にとって、ペンケースに入れられて使いたいときに最低限の機能でしっかり消せる修正テープは1つ持っておきたい。

MONO CCは、もしものためにペンケースに保管しておきたい方に向けた修正テープで、保管時のキャップの締まりが良い機能を搭載されています。

 

修正テープ MONO CC 商品分析

本体はW73×D17×H27mmと小さい消しゴムよりやや大きいサイズで、キャップの勘合がシッカリしていてペンケースの中で不意に開いてしまうことがありません

全体的に設計はシンプルで「本体をコンパクトにすること」と「テープのキレ性を高めること」を意識した設計がされている印象。

これは、巻き取るコア部品のサイズを大きくして、巻き出す方のコアと同等サイズにすることで、使いはじめである0M時の走行重さと使い終わりである6M時の重さの変化をする為に設置されている。(中間ギアが無い場合、巻き取ったテープがもう一方のテープに当たってしまう。)

 

 

修正テープ MONO CC ユーザーの口コミ(レビュー)

85%の人が商品に高評価をつけていて、全体の7割の方が最高評価をつけています。

この商品は、10年以上販売し続けている商品だけあり、レビューをしている人が多く、信憑性もかなり高いと思います。

高評価のポイントとして多くあげられているのが、「携帯性に優れている」と「キャップがシッカリしていて修正テープが他に付着しない」という点です。その他、3個セットでの販売もしていることから、価格が安くて100円均一商品の商品よりテープたるみやテープの浮きがなく、再筆記した際のテープ崩れがなくてよいという声も多く見られます。

一方、「先の細いボールペンではテープが削れる」という声もあります。

 

 

 

修正テープ MONO CC コスト分析&比較

6mの修正テープで220円で販売しています。6Mの修正テープでは、各社200~220円のため同等価格での販売。

個人ターゲットとした文具店や雑貨店では、学生に好まれるカラフルなタイプも販売され、まとめ買いをするユーザー向けには3個入りセットも600円弱という価格で販売されています。

また、コストコなどの大量販売でもこの商品が売られていることから、この商品は、トンボ鉛筆の中でも個人であるBtoCから会社へのBtoBまで幅広く、多くの量を販売していることが分かります。

その上、本体は樹脂パーツが8つと少ない部品数で構成できている。テープには、キレの良いテープが採用されている。

 

 

修正テープ MONO CC 戦闘力評価&コメント

 

戦闘力:650

 

評価項目 戦闘力 説明
使いやすさ 150 携帯性△、テープのキレ〇
価値の高さ 145 使いはじめから修正テープのキレがよく、程よい携帯性。
デザイン 105 本体上部に窪みがあり、テープを紙面に定着時に親指が置きやすく、カラフルなデザインから好きな色が選べる
SDGs度 130 再生樹脂の使用量が70%以上と高い。エコマーク基準適合。
コスパ 120 少部品化され、個人から法人に合わせたレパートリーによって販売量は多く、キレの良いテープが採用されている。

 

 

修正テープ MONO CC 文具ブラザーズならこうする

本体はユーザーから評価されていて販売店も多いため、変更は容易でないことは理解できる。ただ、改善点が無いわけではない。

改善箇所は「走行重さ」と「コンパクトさ」の2点。ここが高められれば、他の商品が評価されている点に勝ることができ、更にお客さんからの評価は高まる。

 

最後に、総まとめをシートにして掲載しておきます。

 

トンボ 修正テープ MONOCC 4mm※取り寄せ商品(注文確定後6-20日頂きます) 返品不可

価格:213円
(2020/10/11 20:38時点)

トンボ 修正テープ MONOCC 5mm※取り寄せ商品(注文確定後6-20日頂きます) 返品不可

価格:213円
(2020/10/11 20:39時点)

トンボ 修正テープ MONOCC 6mm※取り寄せ商品(注文確定後6-20日頂きます) 返品不可

価格:213円
(2020/10/11 20:39時点)


 

↓【おすすめ】文具戦闘力 記事一覧はコチラから

 

 

 

≫≫≫トップページに戻る