新商品

【2021年版】文房具のプロが厳選!『社会人おすすめ文具50選』!

ここでは、社会人に本気でおすすめできる文具を定番商品から最近の新商品も含めてご紹介していきます。

機能的に便利なモノから、デザインとしてビジネスシーンでもしっかりお使い頂けるモノまで社会人に特化した内容でお届けしたいと思います。

学びのシーンの学生と働くシーンの社会人では、文具も必要とされる機能やデザイン性などは大きく変わってきますので、社会人の方は要チェックです!高価だから社会人向けというわけではないので、価格帯は様々です。社会人向け=高級品の紹介と思った人はご期待にそえないと思いますのですみません。

「書く」「消す」「収める」「記す」「切る」「貼る」の分類ごとに社会人おすすめ文具を紹介していきます。

各商品については、リンク先に商品の詳細情報があります。

 

Contents

【2021年版】文房具のプロが厳選 社会人おすすめ文具 『書く』18選

 

クルトガ 0.5mm

社会人でもアイデアを紙に書きなぐって考える人は、さっと消したいのでシャーペン派という人は多くいると思います。私もその一人です。ですので、書きなぐることが多いとシャープペンシルの芯が削れて先端が斜めになる〝偏減り”により、〝文字が太くなる” 〝折れやすい”などの不満があります。

これに目を付け、芯が常に尖っている状態を保つ『クルトガエンジン』機構が搭載された商品がクルトガです!このクルトガ機構では、書くたびに芯が回転することで、〝細く、クッキリ書き続けられる” 〝芯先が紙面に引っかかりにくく、安定した筆記状態が続く” 〝芯の粉が出ず、紙面を汚さない”効果が期待できるとされています。

アイデアを紙に書きなぐる用のシャーペンと言えばこの商品です!

詳細情報はコチラから

 

 

ブレン3C

社会人になると使う筆記具は減りますが、ボールペンは3色ボールペン1本という人も多いのではないでしょうか。そんな人へのおすすめ商品がブレン3C。ブレンの特徴である、ペン先に重心を置くことで筆記時のブレを制御する、という機能で安定した筆記を実現します。デザインもシンプルなのでビジネスシーンになじみます。

詳細情報はコチラから

 

 

ウェットニー

『ウェットニー』は、社会人の中でも特別なニーズを持っている人向けの特長的な商品としておすすめです。下記のようなシーンやニーズをお持ちの人には最適です!

このボールペンは、内部の空気を加圧しインクを押し出す機構を採用することで、従来のボールペンでは書きにくかった水に濡れた紙への筆記や、壁に設置したボードの紙面にそのまま上向き筆記ができます。

さらに、米国軍事規格に準拠したメタルボディがハードな使用環境にも耐える頑丈さを備えています。

この背景には、筆記具は屋内で使うイメージがありますが、現場作業などの屋外で書くシーンは多く、雨に濡れた屋外作業などで「濡れた紙に書けない」、硬い地面に落として「軸が割れることがある」という不満がありました。さらに、配達需要に伴う配達員の増加やアウトドア需要の高まりもあり、屋外でペンを携帯し書く機会が増えていることが予想されます。

『ウェットニー』は現場ならではの潜在的な不満を解決した商品であり、プロユース向けのこの商品は趣味のアウトドアにも活躍し新しい筆記シーンを創造します。

 

詳細情報はコチラから

 

 

オレンズネロ 芯径0.5mm

シャーペン派の社会人の人に、ちょっといいシャーペンを使いたいという人におすすめです。ノック1回で芯が出続けるシャープペンシル「オレンズネロ」の芯径0.5mm。

ペン先のパイプが紙面から離れるたびに、自動で芯が出てくる機構を搭載。1回のノックで、芯が1本無くなるまで書き続けられます。この性能とボディのしっかりさとデザイン、使い出すとやめられません。

 

詳細情報はコチラから

 

ジェットストリームエッジ 0.28

社会人になると手帳に多くのことを書き込むので細かい字を書きたいっていうニーズありますよね!?そんな人には最適なのがこの商品です。

ペン先がくびれた『ポイントチップ』と呼ばれている先端により細かい筆記作業をする際、ペン先が見やすくなっています。

鋭いイメージをスタイリッシュに表現された本体は、筆記時の安定感など機能面にも拘りが感じられ、クリップには、線材が使われています。クリップにこの線材を使うことで、本体の側面までクリップで覆うことができ、シッカリと保持されます。

特長的かつシンプルなデザインが社会人にとってもおすすめです。

 

詳細情報はコチラから

 

ジェットストリーム エッジ3

続いても細かい字を書く社会人におすすめのこちらはボールペンです。

“クセになる、なめらかな書き味。”で好評な油性ボールペン「ジェットストリーム」シリーズに、油性ボールペンカテゴリにおいて世界初のボール径0.28mm※を実現し、軸デザイン、ペン先構造、素材選定に至るまで全てのパーツにこだわり、その鋭い特長を体現している「ジェットストリーム エッジ」 から、超極細の書きやすさにこだわった、斬新な“エッジ”の効いたデザインの3色モデル『ジェットストリーム エッジ 3』。

 

詳細情報はコチラから

 

 

鉛筆シャープ

この「鉛筆シャープ」は元々学生向けに出された商品でしたが、発売当初社会人に人気となりました。鉛筆のような太い線で絵を描きたい、マークシートを塗りつぶすのに便利だということで社会人のニーズにもマッチしたようです。そして、社会人向けのデザインとしてアップデートされたのがこの商品です。

「鉛筆シャープ」は、鉛筆の良さを見つめ直し、デザインから使い心地まで鉛筆のようなシンプルさを目指して、細部にまでこだわられた商品になっています。

本体はツヤのある六角軸で、ペン先は鉛筆を削ったような質感をイメージしてデザインされています。鉛筆の多様な筆記線の太さを表現できるよう、0.3~1.3mmの5種の芯径があります。

 

詳細情報はコチラから

 

 

ユニ アルファゲル スイッチ

先程紹介したクルトガにプラスアルファの機能を追加した商品です。

「芯が回ってトガり続ける」“クルトガモード”と、「安定した筆記感」の“ホールドモード”を切り替え、使用シーンに合わせて使える『ユニ アルファゲル スイッチ』。

 

詳細情報はコチラから

 

 

ボールペン+シャープペン『ブレン2+S』

社会人になるとミニマリストの人も多くいます。ボールペンとシャーペン1本ずつくらいあれば良いという人におすすめの商品がこちらです。

『ブレン2+S』は、要望の多かったボールペンとシャープペンが1本にまとまった多機能ペンです。

従来の多機能ペンは、構造が複雑なため筆記時の振動がより大きいことが欠点でした(当社比。『ブレン2+S』は筆記時の振動を制御しストレスフリーな書き心地が実現されています。

 

 

詳細情報はコチラから

 

JETSTREAM PRIME

“クセになる、なめらかな書き味。”の 油性ボールペン高価格帯シリーズ『JETSTREAM PRIME(ジェットストリーム プライム)』として、「3色ボール ペンノック式」と「回転繰り出し 式単色ボールペン」。

 

詳細情報はコチラから

 

 

 

モノグラフライト 0.38㎜ 0.5㎜

社会人になってもこの「MONO」ブランドのデザインと品質への安心感を感じる人は多いのではないでしょうか。

ペン先が5.2㎜出て、ペン先周りの視界が広く精密筆記ができるニードルチップ(needle(針)tip)を採用したノック式超低粘油性ボールペン「モノグラフライト」。

 

詳細情報はコチラから

 

ノック1回で書けるシャープペンシル「S30」

シャープペンシル「Sシリーズ」の最高峰モデルとして、芯1本分をノック1回で書き続けることができる「オートマチック機構」を採用した、高機能シャープペンシル『S30(エスサーティ)』。

 

詳細情報はコチラから

 

 

ここからは、やや高価になりますが社会人として上質でいいモノ、ビジネスシーンでもバッチリ使えるモノ、としておすすめの商品を紹介します。

パーカー ボールペン ソネット ラックブラックCT

パーカーのソネットです。

パーカーは、一流品の高級筆記具として、優雅なデザインと気品に溢れたブランドです。

ベーシックなラックブラックにクロームカラーをコーディネートしたラックブラックCTシリーズは、幅広い世代に人気なので社会人でも年代問わず使えます。

このボールペンは手にしたときの握りの感触を徹底的に考えつくして開発されました。もちろん書き味も最高級です。パーカーの中でもソネットは、使う人を選ばず万能なシーンで活躍できる商品となっています。

 

 

クロス ボールペン クラシック センチュリー

 

これは日本のみならず世界中で愛されているクロスの代表的なシリーズになっています。グローバルに駆け回る人、ビジネスシーンでサッとサインする人におすすめです。

クラシックという名にふさわしいデザインです。細身かつ、繰出し式機構で持つ人をスマートに演出します。この細身にハマってしまうともう抜け出せません。細身ですがしっかりとした安定感があります。

 

 

 

モンブラン ピックスシリーズ

これは個人的な意見ですが、社会人になるとモンブランのひとつくらい持っておきたいなって思います。でも、ちょっと高価だな・・・って思っている人には、エントリーラインとなっているPIXシリーズがおすすめ。

価格は抑え気味ですが、デザインはシンプルで場所を選ばず使え幅広い年代にお使い頂けます。キャップトップのホワイトスターがしっかりとした存在感をしめし、手帳やスーツからチラッと見えるとオシャレで仕方がない一品となっています。

 

モンブラン マイスターシュテュック プラチナライン クラシック

こちらは、本気のモンブランとなっています(笑)。高級筆記具の代名詞とも言われるモンブランの中でも、一生ものとして持ちたいと思われる存在のマイスターシュテュックシリーズ。何世紀にもわたる伝統が培ったクラフトマンシップにのっとって、創り上げられた逸品です。

細身タイプのクラシックは、普段使いからここぞというときのビジネスシーンまで幅広くお使いいただけます。

社会人でこだわりにある人へ、この1本はどうでしょうか!?

マイスターシュテュック プラチナ クラシック ボールペン

ラミー 2000シリーズ

ラミーの原点、デザインプロダクト最初の製品。ラミーと言えば!のTHE定番2000シリーズは、このボディに区切りがなく中央部分のなめらかな膨らみとヘアライン処理による表面のマット感により、手にしっくりとなじみます。もうこのシェイプ加減がたまらない(笑)。

新商品ばかりがオシャレなわけではなく、昔から世界中で愛されたものにはワケがあります!高級ブランドイメージが強いですが、中には10,000円未満で購入できる商品もいくつかあって、高品質なペンを日常使いできちゃうのがいいですよね。

飽きのこないこのシンプルなデザインが社会人にも最適です。

カスタムヘリテイジSE

『カスタムヘリテイジSE』は、パイロットの定番である「カスタム」シリーズの本格的な万年筆と油性ボールペンです。

パイロットの油性ボールペン『タイムライン<エターナル>』で好評なマーブル調樹脂をボディに使用しており、2種類の樹脂を混ぜ固めて、切削、研磨することで現れる、1本ごとに異なる表情のマーブル模様が特長です。

 

詳細情報はコチラから

 

 

 

【2021年版】文房具のプロが厳選 社会人おすすめ文具『消す』 6選

MONO AIR(モノエアー)

社会人になるといざというときのために修正テープをペンケースに入れておきたいものです。おすすめは機能性抜群のこの商品です。MONO AIRの特徴は、その名前にも付いている”AIR”≒軽い”という点です!TOMBOWでは、この軽く引ける機構を「エアータッチシステム」と名付けています。

詳細情報はコチラから

 

 

 

MONO タフ

シャーペン派の人には消しゴムはマストアイテム。社会人になると手帳など細かい文字を書くことが多く、狙ったところをサッと消せるこの商品がおすすめ。絶対に折りたくない、ちぎれて欲しくない、細かい文字もふにゃっとならずに消したいという人に最適です。芯が入っているのかと思うくらいしっかりとした消しゴムです。

 


詳細情報はコチラから

 


ホワイパープチ<クリームテープ>

手書きする場面が減少する中、手帳やノートへの書くことの拘りは一層強まります。また、SNSへの発信によって、綺麗に魅せたいという要望は高まっています。そんな要望を捉えて、ホワイパーシリーズに、「ホワイパープチ〈クリームテープ〉」が仲間入りしました。

ノートに馴染むテープとして、ロルバーンの紙になじむ修正テープとなっています。ロルバーンを使っているという社会人におすすめです。

 

詳細情報はコチラから

 

 

 

リサーレプレミアム

色鮮やかなカラー消しゴムです。カラー消しゴムって消字力が弱くて、あまり消えないイメージがありましたが、この商品はとてもよく消えます。

「感動の消し心地!」という特長をうたっており、軽い力で良く消える、しかも消しカスもまとまるというコンセプトの商品です。それを、特殊発泡体とイレースポリマーのツイン構造によって実現しています。

社会人でもちょっとペンケースを明るくしたいとう人に、プレミアム感のあるデザインかつしっかりとした性能もあるのでおすすめです。

 

 

詳細情報はコチラから

 

MONO zero (METAL TYPE)

手帳用にちょい消しとして使いたい細かい字をよく書く社会人におすすめです。消しゴムの大きさは2.5×5mmの超極細で、この細さなのにメタリック感のあるアルミボディでしっかりしている印象のペンタイプの消しゴムです。ノック式でかなりのショートピッチなので出したい量だけ出すことができます。

 

詳細情報はコチラから

 

 

ローラーケシポン

在宅ワークが多くなり、書類を家に持ち帰ることが多くなった人もいるのではないでしょうか。それにより、個人情報をサッと消したいというニーズも増えてきています。重要書類を手でちぎったり、シュレッダーにかける必要がなく1枚ずつをさっとローラーで転写するだけで簡単に個人情報を隠すことができます。

詳細情報はコチラから

 

 

【2021年版】文房具のプロが厳選 社会人おすすめ文具 『収める』 9選

カキコ

「カキコ」の最大の特徴は、一般的な袋状のポケットとは異なり、上下についたフラップで書類を挟みます。その為、書類を収納したまま直接文字を書き込むことができるというクリアーファイルの保護するという考え方から抜け出した発想のクリアーファイルです。

会社で働く中で、こうやりたいシーンあるある!と言った感じではないでしょうか!?

 

詳細情報はコチラから

オリパクト

コンパクトに折りたためる組み立てタイプのデスクオーガナイザーです。たためる・はこべる・しまえる というコンセプトで、固定席のないノマドワーカーやフリーアドレスオフィスで働くビジネスパーソン向けに発売しました。これは在宅ワーク/テレワーク向けにもいいなと思ったのでご紹介します。サイズ感としては、横210×奥行き65×高さ123mm 約190g(折りたたみ時:横210×奥行き9×高さ125mm)

在宅ワークの多い社会人におすすめです!

詳細情報はコチラから

 

 

 

モバコアップ

ノートパソコン、マウス、電源ケーブル、書類などをひとつにまとめることができ、スムーズに移動ができます。仕事に必要な道具はそれぞれ違うと思いますが、ある程度のものならサッと収納可能だと感じる収納スペースがあります。

会社での使用はもちろんですが、在宅ワーク時の家内移動や、PCや書類など一式を保管しておくケースとしても便利です!

詳細情報はコチラから

 

 

 

コンパック

この商品の価値はいたってシンプルです。書類を半分に折って、コンパクトに持ち運ぶことに特化しています。使い方も簡単で、普通のA4クリアーファイルのようにA4の書類を透明のポケットに入れて、半分に折って、そのままカバンに入れて持ち運ぶというものです。

ちょっとした書類を持ち運ぶ機会が多い社会人には、コンパクトでとても便利でおすすめです。

 

詳細情報はコチラから

 

 

 

アモルフ

社会人になると文房具はほとんど持ち歩かない。筆記具2本くらいあれば十分だ!という人もいると思います。そんなミニマルな人に向けて、ロール型にしまうことができるペンケースです。

肌ざわりが良く、筆記具をコンパクトに持ち運びたい人にはスッキリして良い商品。良い意味での手作り感が溢れており、端面の仕上げや縫製の縫い目にも職人の想いが込められています。

詳細情報はコチラから

 

 

ノビータα(アルファ)

ノビータの最大の価値は中の容量に合わせて背幅が伸びて変化するところです。この機能は当然持ち合わせおり、背中はじゃばらのようになっています。

それに加えて、このαシリーズは好きなリフィルを入れて自由自在にカスタマイズすることができます。背中の部分の内側に6つのレールがあり、スライドして好きなリフィルを入れることができます。

リフィルを使い分けることによって、様々な社会人の使い方にカスタマイズして合わせることができるのでおすすめです。

詳細情報はコチラから

 

『SPOT(スポット)』シリーズ

社会人の家庭内収納商品として、キングジムのSPOTシリーズがおすすめです。

シリーズ第1弾として、家庭内での整理や収納に役立つ3商品「ハルファイル」、「ツールスタンド」、「スタックバスケット」を発売。ここでは、おすすめの「ツールスタンド」を紹介します。

 

詳細情報はコチラから

 

 

オールインクリップボード

立ち作業の多いワーカーにおすすめなのがこの商品です。

充実した収納機能によって必要な物をひとまとめにして持ち運びできるクリップボード「オールイン クリップボード」。

 

詳細情報はコチラから

 

 

ジリッツ クリアーファイル

PC作業をしながらよく書類を見るというオフィスワーカーにおすすめなのが、こちらの商品です。

表紙に内蔵したスタンドによって”自立する”「ジリッツ クリアーファイル」。

ファイルの背についたスタンドを引き出し、ファイルを開いてからスタンドについたストッパーを押し込むだけの3ステップで簡単に組み立てることができます。

 

詳細情報はコチラから

 


 

【2021年版】文房具のプロが厳選 社会人おすすめ文具 『記す』 7選

 

nu board(ヌーボード)

携帯性がとても良いコンパクトなホワイトボードです。打ち合わせのときにあると便利ですし、コロナ禍におけるWEB会議においてもイメージを図示してカメラに向かって説明しやすく重宝します。

詳細情報はコチラから

boogie board(ブギーボード)

ブギーボードは、ペーパーレスで環境にもやさしい、書きごこちなめらかな新感覚の電子メモパッドです。サッとメモを取っておきたいというシーンが多い社会人におすすめです。この商品は家庭でも1家に1台あると何かと便利な商品です。

詳細情報はコチラから

 

 

リングメモ パッと

ペーパーパッドのようにはがして書くことができるので、すでに使用したページと未使用のページが分かれます。それにより書きたいページがすぐに開けます。瞬時にメモを開いて、逃さず書きたいという社会人におすすめです。

詳細情報はコチラから

詳細情報はコチラから

 

 

フリーノ

文房具の温かさを残しつつ、デジタルならではの機能性で“書く”ことを追求したデジタルノート「フリーノ」。社会人になるとアナログのノート派と、この商品のようなデジタル派に二分されてきます。デジタル派の人のひとつの選択肢としておすすめです。

詳細情報はコチラから

 

 

Sooofa(スーファ)

「Sooofa(スーファ)」は、狭いスペースでも折り返してコンパクトに使用でき、リングが手に当たっても痛くなりにくいと好評のソフトリングノートから誕生した新シリーズです。オン・オフを問わず使用できるアイテムを求めるユーザーに向けた、丈夫で高い機能性を持ちながら、リラックス感のある佇まいにもこだわったリングノートを目指して商品化されています。デザインやカラーが働くシーンでもマッチしていて、社会人(特に女性におすすめです。


詳細情報はコチラから

 

ココフセン

社会人になってもふせんをひとつは携帯しておきたいものです。

ペンケースに入れておくと汚れてしまったり探しにくかったりするので、良くふせんを使うもの(ノート、手帳、教科書、書籍)に貼っておくことができるのは便利ですね。また、クリップタイプはどこにでも挟み込むことができる金属クリップ付きでとても便利です。

ふせんを1枚つまんで引っ張ると中のふせんブロックが上下に動くことで1枚ずつをはがすことができます。フィルムふせんなのでしっかりして折れにくく、長期間使うものにとてもいいです。

詳細情報はコチラから

 

 

 

PERPANEP(ペルパネプ)

書き心地にこだわりたい社会人におすすめなのがこちらです。

紙とペンの相性に注目し、「ツルツル」「さらさら」「ザラザラ」の3種の書き心地をデザインした新ブランド「PERPANEP(ペルパネプ)」。

ノートは、「ツルツル」「さらさら」「ザラザラ」の原紙それぞれに5種類の罫線を用意。ペンはコクヨオリジナルの「ファインライター」、ゼブラ株式会社とコラボレーションした水性ジェルボールペン「サラサクリップ」、プラチナ万年筆株式会社とコラボレーションした万年筆「プレピー」の3種を選定。

詳細情報はコチラから

 

 

 

【2021年版】文房具のプロが厳選 社会人おすすめ文具 『切る』 5選

 

SAXA(サクサ

コクヨのSAXA(サクサ)は、2013年7月に発売されたエアロフィットサクサの後継品で、当時の商品から厚手の物が軽く切れる独自開発の『ハイブリットアーチ刃』が採用されています。この『ハイブリットアーチ刃』は、切れにくい刃先にかけて徐々にカーブがかけられ、刃の先端でも軽く切れるという特長があります。

はさみを使うシーンがある社会人には、万能なこちらがおすすめです。

詳細情報はコチラから

 

 

サクサポシェ

携帯ハサミは出先で使うもの。
出先ではキャップを外して置く場が無かったり、サッと使いにくかったりしますが、これを解消したのがサクサポシェ。

ペンケース内でも探しやすい大きさで、刃渡りも42mmと長く、粘着テープを切ってもべたつかないグルーレス刃が採用されているので、幅広のマスキングテープも切れます。

携帯しておきたい、コンパクトで持ち運びしたいという社会人におすすめです。

詳細情報はコチラから

 

 

 

ハコアケ

コロナ禍もあって、ネット通販をよく利用するようになったのではないでしょうか?そんな人におすすめなのがこちら。

ハサミの顔をしながら、ハサミと開梱用カッターが一体になったハコアケ。レバーを親指で押しながらハンドルを握ると刃先に1mmの刃が飛び出すが、この飛び出している長さが絶妙に良い。

詳細情報はコチラから

 

 

 

ORANTE(オランテ)

カッターナイフの刃を折るのが怖く、折ったことが無い方や折る前に買い替える方は多いのが実態で、ここに目を付けたオランテです。女性にとてもおすすめです。

通常のカッターナイフよりやや大きいが、大型カッターと同じ厚みの0.5mmで刃渡りは40mm、刃の側面は凹凸加工&フッ素コートで粘着テープを切ってもべたつかない加工が採用されています。

詳細情報はコチラから

 

 

 

 

カルカット クリップタイプ

社会人女性でよくマスキングテープを使う人は多いのではないでしょうか?仮止めや何かを掲示するときに重宝します。そんな人におすすめなのがこちらの商品です。

マスキングテープにさっとはさむだけで、付け替えが非常に簡単なクリップタイプのテープカッターです。カルカット刃を採用しており、ギザギザに切れるのではなくまっすぐ切ることができます。

詳細情報はコチラから

 


【2021年版】文房具のプロが厳選 社会人おすすめ文具 『貼る』 5選

GLOO(グルー)色が消えるタイプ

スティックのり界に革命を起こした、四角い形状をしたスティックのり。これで隅々までキレイに塗ることができます。それだけではなく、事務用品らしくないオシャレなデザインが特長なので社会人におすすめです。

詳細情報はコチラから

 

 

Bobin(ボビン)

マスキングテープ好きの社会人女性におすすめなのがこちら。

「マスキングテープと“もっと”楽しく」をコンセプトにした、小さなマスキングテープと周辺ツールの新シリーズ「Bobbin(ボビン)」。

所有しているテープをもっと活用したいと考えるマスキングテープユーザーに向けた「集める」、「持ち運ぶ」、「使う」、「交換する」といったシーンの楽しさを広げるという場面を想定して開発され、マスキングテープと周辺用品の新シリーズになっています。


詳細情報はコチラから

 

 

 

 

フセンマーカー

社会人になっても資格勉強や学ぶシーンって多くありますよね。そんなときにはこちらがおすすめ。きれいに“はがせる”から気軽にラインを引ける・学習や読書がはかどる、新発想のラインマーク用フィルムふせん『フセンマーカー』。

詳細情報はコチラから

 

 

ピットエアーミニ 詰め替えタイプ

テープのりってひとつ持っておくだけで便利なシーンが社会人でもあります。こちらがおすすすめの、驚くほど軽く引ける「エアータッチシステム」を搭載したテープのり『ピットエアー』の手のひらサイズにコンパクト化した『ピットエアーミニ つめ替えタイプ』。

 詳細情報はコチラから

 

 

 

 

「テプラ」Lite LR30GS

ラベルライター「テプラ」のグローバル(多言語対応)版に新たなラインアップとして、スマートフォン専用モデル「テプラ」Lite LR30GS。キレイに整理したいという社会人におすすめなのがこちらの商品です。

詳細情報はコチラから

 

 

【2021年版】文房具のプロが厳選 社会人おすすめ文具『まとめ』

 

社会人になっても文房具って必要な道具ですよね!

定番商品から2021年に発売された新商品まで含めて、社会人のみなさんに本気でおすすめすることができる文房具とその概要について紹介してきました。どの商品も概要だけでは伝えきれない良さがありますので、是非気になった商品についてはリンク先を見ていただければ商品の詳細が確認できるようになっています。

 

新商品の情報は常に以下ページで紹介をしていますので、気になる方はブックマークにご登録ください。

 

 

↓【新商品】記事一覧はコチラから

 

各分類ごとの商品紹介、分析記事などはトップページから検索ください。

 

 

 

↓【無料】メルマガ登録はコチラから


 

当サイトでは、記事の更新情報を【無料】で誰よりも早くメール配信しております。
ご希望の方は、上記より設定ください。

 

 

 

 

≫≫≫トップページに戻る